病院で需要のある仕事情報

HOME | SITEMAP

トップ » パーキンソン病の研究

新着情報

パーキンソン病の治療法

パーキンソン病とはおよそ10万人あたりにに50人から100人ぐらいいるとされている病気で、発病するのは初老期とされています。症状としては、主に動作緩慢や手足の震え、筋肉の強張りや歩行障害まで起こしてしまうのです。病が起きる主な病因は中脳の黒質神経細胞が徐々に減少し黒質で産生される神経伝達物質のドーパミンが減少して運動の制御構造である黒質線条体系が働くなってしまい起きてしまうのです。治療法としては薬物療法と外科治療と理学療法があります。パーキンソン病と診断されて治療が必要な場合に薬物療法が開始されるのです。