病院で需要のある仕事情報

HOME | SITEMAP

トップ » 病院などの病床数について

新着情報

病院の病床数は決められています

病院、クリニックや診療所などは病床数により区分わけされています。ベット数が19人以下のところを診療所と呼ばれます。ベット数が20人以上のところを病院といいますが、しかしながら、40人未満のベット数の入院設備を整える施設は、医院と呼ばれています。入院病棟は、365日年中無休です。そして、40人以上の患者を入院することができる設備を備えている場合には病院と呼ばれています。また病床数により、看護師や医師の数が決められていますので、必用な人員を配置しなければなりません。常に必用な人員を配置しなければなりません。ベット数が200とか300ある場合には、それだけの人員を確保しなければなりません。

病床数によって生まれる違いとは

病床数とは、簡単にいえば入院患者が使用するベッドの数のことです。これは治療施設の規模を示す、最も一般的でわかりやすい区分けの指標です。日本の医療法では、病床が20以上ある場合は病院とされます。病床が19以下、あるいは病床がない場合は診療所、クリニックの名前が用いられます。患者は治療施設の名前から、病床の規模をある程度知ることが可能です。また、病床数によって、その院には様々な違いが生まれます。病床の数によって、その院が国から受けられる助成や指定が異なります。例としては地域医療支援病院の指定です。これは病床が200以上あり、研修施設などの条件を満たした場合に知事から指定されます。